category :靴作り

足の個性、十人十色

190309

「パンプスを作っている」という話になると、ほとんどの女性がご自分の足でお困りのことをお話されます。
足はホントに十人十色。

現在製作中のオーダーは、一言でいうなら親指と小指の付け根の位置関係が個性的。
オーダーをお受けする際は何足かパンプスをお持ちいただきます。
この方(Iさん)はとにかく小指が痛むとのこと。
それもそのはず、Iさんは小指の付け根が一般より踵寄りなので、市販の靴だとIさんの小指の付け根では幅が足りません。
ご持参の靴もそうでした。

<Iさんのご持参の靴>


そのことをIさんにお伝えすると「知らなかった!だから小指に悩むのか!」と驚いていらっしゃいました。
木型をカスタマイズする際にはこの点に一番注意しました。
そしてIさんは踵が細いので、踵もIさん仕様にほっそりとさせています。

女性のみなさん、ご自分の足の個性をご存知ですか??
自分の足を知ることで、お店での靴選びも見る目が変わると思います。






#KuToo パンプス強制反対の記事



#KuToo 【パンプス反対署名、1万人を超える】毎日新聞記事

私もパンプス選びに悩むOLでした。
足にあうパンプスが欲しいと切望していたら、靴作りにたどり着いてしまいました。
だから職場でのパンプス着用強制の辛さはわかるし、(性差別とかそういうのは別として)
足の健康の観点からこの活動に共感します。

パンプスは一日中歩き回るための靴ではないし、TPOに応じて靴を履き替えることも大切です。
そして自分の足にあったパンプスの選び方を知ることも大切です。
まずは爪先立ちをして踵が抜けるパンプスは買わないこと。パンプスは踵が命です。
踵が抜ける靴で歩くと、靴が脱げないよう足に余計な力がかかり疲れやすくなります。
足に優しいとされる幅広パンプスにも要注意です。前滑りしやすいです。
大きすぎるパンプスを履いている女性が多いことに驚いています。
そんな女性にサイズサンプルやお作りした靴を履いていただくと「踵がついてくる!!」と喜ばれます。
ちょっと複雑な気持ちです。。。

女性たちが履きたい靴を履く、正しく履く。簡単そうで難しいことなんだなぁと思った記事でした。
パンプスの選び方、歩き方にはいろんなポイントがあります。だからパンプスを嫌いにならないで!とも思うのです。



パンプスの調整



パンプスの調整も承ります。
オーダーをお受けする際に、ご愛用の靴を数足ご持参いただいてます。
靴を拝見すると歩き方の癖などがわかり、靴作りにも非常に役に立ちます。

先日、オーダーのお客様の靴を調整させていただきました。
この靴は百貨店に入っている有名ブランドの靴、イタリア製です。
う~ん、なるほど。
この写真から足が前に滑って指が痛む原因の一つがわかりますよ。
あなたの靴はいかがですか?

「パンプスが足に合わない理由を知りたい!」という方、お気軽にご連絡くださいね^^。

**シューズスタジオ ストーリー**






【カウンター】 パンプスの内側②



パンプスの踵(かかと)部分には、カウンターというパーツが入っています。
その役割は、ヒールに乗って不安定になる踵を支えること。さらに踵がパカパカ抜けないようにしっかりホールドすることです。
そのため ある程度の硬さが必要で、海外ブランドのパンプスは踵が結構硬めなものが多いです。
またカウンターは硬さだけでなく長さも大切。
長いほど歩行時の足の左右ブレが抑えられ、靴の中で足が安定しやすくなります。

私は「パンプスは踵が大事✨」と考えているので、カウンターは革を重ねあわせて作った特注品を使います。
硬く長めで加工にも手間がかかります。

女子の皆さん!お店でパンプスを選ぶときには「踵にしっかりとしたカウンターが入っているかな?」とチェックしてみてくださいね。

【双子のカリメロ 】 パンプスの内側①





パンプスのつま先には「先芯」というパーツが入っています。
靴のつま先の形状と足を守るための芯材です。
先芯は半円に近い形をしたシートで、シンナーに浸して柔らかくして靴のつま先に貼りつけます。
続いて、貼り付けたシートをポンポン(トンカチ)でつま先の形になじませていきます。
その後シンナーが抜けて先芯が硬くなるまで乾燥させます。
写真は乾燥待ちの時間に撮ったもの。

「ふふっ、カリメロみたい💕」と、先芯の工程では少しほっこりします。

ほっこりの後、乾燥した先芯=カリメロの頭をゴリゴリと手加減なしにヤスリで擦って滑らかに整えます。
靴のつま先に先芯の凸凹が響かなくするのが目的。

あなたのつま先にも、きっとカリメロがいますよ^_^


プロフィール

Author:シューズスタジオ ストーリー | Shoes Studio STORY
足を採寸してパンプスをオーダーしてみませんか?
自分でパンプスを作ってみるワークショップ(教室)もあります。

所在地:
岡山市北区東古松485-5 ブックオフ東古松店2F

*SHOES STUDIO STORY HPはこちら*

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム