category :日々のこと

旅先で気になること



岡山のパンプス工房・靴教室の「シューズスタジオストーリー」です。
ご訪問いただきありがとうございます。

夏休み・・・旅に出ました。3泊4日沖縄の旅です。
私の父とご先祖様が眠るお墓にお参りという口実で、シュノーケリングや沖縄食を楽しんできましたよ。
今回は那覇ステイ2泊と離島の古民家1泊という今までにない宿泊先。
空と海の青さに癒されました。。。

さてさて、そんな旅の途中でも どうしても目が行くのは、働く女性たちの足元事情。
特に空港や機内で働く女性たち・ホテルウーマンのパンプスの履き方を、じーっと観察してしまいます。
(ホントは写真を撮りたいのですが、「これって盗撮?」と小心者は心配で撮れません)。
なかでも気になったのが空港チェックインカウンターのグランドホステスさん!
重い預け荷物(わが家のスーツケースは23kgでした)を運んだりするのに、ヒール?!
踏ん張りがきくフラットやスニーカーでもいいのにね・・・と思いながら、チェックインを済ませました。

お仕事用のヒールは3~5cmを選ばれる方が多いようですね。
靴はフラットよりも3~5cm程度のヒールがあった方が、本来歩きやすいといわれてます。
踵を上げて前足部(足指の付け根あたり)で着地するローリング運動がしやすく、前進力が加わりやすいと。
このヒール高だと、前足部と後足部(踵の前端あたり)の体重のかかるバランスも比較的無理が少ない範囲だと言えます。

私は4.5cm±1cmのヒール靴を普段履きするのが、好きです。
「ヒールを履いている感」と「楽さ・つらくなさ」のバランスがちょうどよいと思います。
見た目と楽さ・・・このバランスは女性にとって大事ですよね。
楽さ=歩きやすさはヒール高だけではなく、足と靴があうための様々なポイントを考えた靴選びで実現します。
両立の実現!めざしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。
シューズスタジオストーリー
http://story92.work







左足は軸足、右足は利き足

3月の半ばに体調を崩しました。。。。。
オーダーの納品やいろいろなことが重なり、ちょっと体も無理をしていたようです。
ある日の朝のこと、ドライヤーをかけていたら背中がピキッと音をたてました。
それからというもの、呼吸だけでも背中が痛む苦しい1週間を過ごしました。自称「ぎっくり背中」。
背骨の左側に縦2枚、病院処方の大判湿布を貼る毎日でした。

ぐったりしながら土曜の朝にNHK「チコちゃんに叱られる」を娘と一緒に見ました。
テーマは「どうして自転車は左から乗るの?」というもの。

答えは「左足は支える足だから~」とのこと。
脳と体の仕組みから、左右の足は機能的に分類されていて、
左足は軸足:バランスをとろうとするときに無意識に使う足。
右足は利き足:ボールを蹴ったり地面に絵をかいたりするときに使う足であり、
これは胎児のときから決まっているとのこと!
実際に目をつぶって片足立ちしたときに、28人中22人が左足の方が長く立っていられて、
左足の方が右足より6~10倍長く耐えられるというデータがあるそうです。
<<チコちゃん放送内容の詳細はこちら>>

「なるほどっ!!!」
高校生の頃から何だか体が左に傾いていて、腰痛も今回のぎっくり背中も左だ!
ついでに開帳足が痛むのも左足だ!!!!
左足で軸足になり体を支えていたのね!でも左に頼りすぎるのはだめね・・・などと考えていました。

みなさんは自分の軸足を実感したことがありますか?
靴作りに生かせる点はないかな・・・自分のカラダ整えたいな・・・・と思ったぎっくり体験でした。






2019 平成最後の!年始のご挨拶

ny2019


新年あけましておめでとうございます
本年もこうしてブログをご覧下さりありがとうございます

新しい年、みなさまも
「今年はこれを頑張ろう!」「あれも、これも、やってみたい」
といった前向きな気持ちになられていると思います

私もそうです。
・パンプス選びにお困りの女性の為に靴を作る
・お手持ちの靴を履きやすくする
・靴や足に関する情報をお届けする
・靴を作る楽しさを知っていただく
・喜んでいただけるような事をしたい
今年も夢と目標と計画だらけです

まずは健康で!
皆さまの願いが一つでも多く叶う 素晴らしい1年となりますように、心よりお祈り申し上げます
本年もシューズ スタジオ ストーリーをどうぞよろしくお願いいたします






2018年スタート



明けましておめでとうございます。
皆さまにとって素晴らしい1年となりますように。

本年も靴教室とオーダーメイドパンプス作りに取り組みます。
緊張感と楽しさのはざまで靴を作りながら、新たな挑戦と出会いを重ねて前進していきたいと思います。
一足ずつ、一歩ずつ。

シンプルなパンプスだけでなく、遊び心あふれる自由な靴も作っていきたいと思います。
このモフモフ靴は、娘のマイブーム「犬ぽんぽん」にヒントをもらいました。
私も初めて犬ぽんぽん作ってみました。犬種不明ですが、ものを作るって楽しい!

本年も シューズスタジオストーリーを どうぞよろしくお願いいたします。





革との出会いを求めて

kawa1

姫路へ。
私の中では姫路は革の町。
浅草の革屋さんで「岡山の人なら姫路も行ってみるといいよ」とアドバイスもらっていたこともあり、まずは毎月第1日曜日に開催している革の市に行ってみました。

わかったことは「ほしい革の狙いをさだめて、タンナー(革加工業者)さんを訪問する方がいい」ということ。
実は姫路革探検は2度目で、数年前に飛び込みでタンナーさんをお伺いしたことがありました。
いろいろ教えてもらいながら、加工の様子を見せてもらい、すごくおもしろい勉強でした。
もっと姫路革情報を収集しよう。

革市では短い滞在時間ながらも嬉しい出来事が。
昨年の1日ワークショップ@姫路で一緒に靴を作ったKさんと、革市で約1年ぶりにばったり再会!
お互い今も革モノを作ってるということが嬉しい。

今回の姫路は家族と一緒にドライブでした。
日本の世界遺産制覇をめざす旦那は、子供たちを連れて姫路城へ。
私は姫路城前で皆を見送った後、レンタサイクルにのって革の産地へ。
姫路城きれいだったなー(入城してないけど)。
また姫路に行こう。


himeji.jpg
姫路城

姫路城お濠端の猫
himejineko.jpg







プロフィール

Author:シューズスタジオ ストーリー | Shoes Studio STORY
足を採寸してパンプスをオーダーしてみませんか?
自分でパンプスを作ってみるワークショップ(教室)もあります。

所在地:
岡山市北区東古松485-5 ブックオフ東古松店2F

*SHOES STUDIO STORY HPはこちら*

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム