date :2015年12月

おとなの修学旅行

久しぶりに東京へ1泊2日の修学旅行をしてきました。

たくさんの課題とほんの少しの手ごたえを抱えて帰ってきました。
靴と木型は難しくて果てしない、終わりがない。だからおもしろいし続けていきたいと思えます。

東京では できるだけ多くの時間を靴に使いたい。
だから東京駅→工房→ホテル→浅草(資材仕入)→工房→東京駅というルート以外どこにも寄りません。
錦糸町駅のホームや浅草界隈からスカイツリーが偶然見えたとき「ああ、東京なんだ」と思うのが精いっぱいです。
写真もなかった・・・。

そんなドタバタな私に東京駅まで会いに来てくれる友達がいます。
東京のロシア商社で一緒に働いていた友人たちです。
帰りの新幹線まで改札口近くのお店で1時間弱飲んだり、ホントに時間がないときはホームの待合室で缶ビール飲んだり。
それくらいしか会えないのに来てくれる・・・・ありがたい存在です。
Hちゃんがこの日のお昼に作ったロシア名物ボルシチをタッパーにいれて差し入れてくれました。
当然ビーツと牛肉で作り、ちゃんとスメタナ&ウクロップ(サワークリーム&ディル)添えです。

帰ってきて子供たちといただきました。特に娘は「きれいな色!」と大喜び。
サワークリームを溶かすと、びっくりするようなピンクのスープになります。
Hちゃん、美味しい東京みやげ?ありがとう。

よし!元気もらった。頑張ります。

ボルシチ

ベビーシューズ、履いてくれました

20151217

先日のワークショップにご参加いただいたKさまよりお写真とメールをいただきました。
お孫さんのTくん(10か月)が手作りベビーシューズ12.5cmを履いている様子です。
ママ(Kさんのお嬢さん)からも「かっこいい」と褒められたそうです。
Tくんのつかまり立ちの様子がとても可愛くて、私もとても幸せな気持ちになりました(*^_^*)
ありがとうございます。
これからも元気に大きくなってくれますように。






ワークショップvol.1 終了しました。

IMG_8918 (2)-2-2 (1)

かんたん本革のベビーシューズ作りワークショップvol.1 終了しました。

全員でテーブルを囲んでせっせと針を動かしました。
おしゃべりが弾んで和気あいあいと楽しい時間でしたが、予定時間をオーバーしました。
ご参加の皆さんにはご迷惑をおかけしてすみませんでした。

完成第1号のKさんのシューズです。
来年2月に1歳になるお孫さん(男の子)の為にお作りになりました。
素敵なおばあちゃんです☆
中敷きにはお孫さんのお名前とお誕生日をスタンプしました(あたふたして写真を取り忘れました)。
さっそくお友達に見せたら褒められたとメールをいただきました。嬉しいです。
可愛いお孫さんが履いてヨチヨチ歩いてくれるのが楽しみですね。

ご参加の皆さん、本当にありがとうございました。
他にもワークショップ開催にあたってたくさんの方々にご協力いただきました。
皆さま、どうもありがとうございました!




<2015.12.17 追記>
ワークショップ当日は手より口が動きすぎたのか?縫い残しの箇所があったHさんのところへ出張レッスンに行ってきました。
「縫うのは苦手~」とおっしゃっていましたが、糸処理など細かいところにも気をつかっていて驚きました。
上手にできてます☆
先月に出産したお友達へのプレゼントとのこと。喜んでもらえるといいですね~。
(トリコロールの靴、12.5cm)

20151216






プロフィール

Author:シューズスタジオ ストーリー | Shoes Studio STORY
足を採寸してパンプスをオーダーしてみませんか?
自分でパンプスを作ってみるワークショップ(教室)もあります。

所在地:
岡山市北区東古松485-5 ブックオフ東古松店2F

*SHOES STUDIO STORY HPはこちら*

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム