date :2016年10月

そうだ!棚をつくろう

私の作業場はオフィスの一角をパーテーションで区切ったスペースです。
パーテーションのサイズ等の理由で、パーティションと壁の間に幅23cm奥行70㎝高さ172cmの隙間ができてしまいました。
隙間というには大きすぎる。もはや中途半端な空間。

スタジオ

どうしよう。
布をぶら下げて目隠ししようか、板を貼ろうか・・
いろいろ考えました。
➡もともと狭いスペース。貴重な空間を無駄にはできん!
➡有効利用するには棚がいいなぁ。
➡探してみてもそんなサイズの棚ないなぁ。

「・・・・・・・・・作ってしまえ」
この頃のDIYマイブームの波に乗り、ちょっとしたことならできるような気になってます。

善は急げでホームセンターへ。
木材をカットしてもらい、ホームセンターのセルフ工房でひとり黙々と棚作りましたよ。



かなりざっくりした仕上がりです。
この棚には革の在庫や靴資材を収納する予定です。








壁作り 床作り

20161020

「DIY計画、さて何から始めようか」・・・ということで、
まずはいかにもオフィスっぽいパーティションと床のリフォームからスタートです。
壁床リフォームには、靴製作作業による汚れや傷から壁床を守るという目的もあります。

早速、図書館でDIY関係の本を借りまくって熟読。DIY本って見てるだけで楽しい。
壁紙やクッションフロアを貼るのは私にもできそう!なので、壁紙屋さんにサンプルを請求しました。
取り寄せてよかった。やっぱりネットの写真と実物サンプルでは全然違います。

購入したのは、壁はレンガ模様で、床は古材風デザインのもの。
クッションフロアは、多少でも音や衝撃を吸収してくれることを期待して厚手のものを選びました。
全体的に少しレトロナチュラルな感じ(そんなのあるのか?)にしました。
自宅とは全然違う雰囲気にして、家と作業場での気持ちの切り替えを狙っています。

(仕上がりはこちら↓)


床は2時間ほどで貼り終わりましたが、壁は苦戦しました。
薄手の合板に壁紙を貼ったら、ノリの水分で板がたわむトラブル発生。
板がねじれてまっすぐに立たない(泣)
合板を裏から角材で補強して、なんとか壁面も完成しました。
角材をビス止めするためにmyインパクトドライバーも出動し、はからずもよりDIYらしい作業になりました。






DIYでやってみよう!



私がお世話になるBIOももの花プラザは、貸会議室や託児室を併設する「オフィス」です。
そこにいきなり靴製造業の私が同居させてもらえるというありがたい話。
基本的にオフィスなので、私のスペースもブルーのパーティションにグレーのフロアという事務所色。
これを少しは工房っぽく変身させたいと思います。

プロにお願いするほど大々的なリフォームは考えていません。
自分でできるところまでやろう!ということで、最近はやりのDIYに足をつっこんでみます。





はじめの一歩

20160923


これまでは自宅で製作してきました。
自宅にいると何かと便利だけど、家時間と製作時間の区別が曖昧で時間管理が難しいことや、
機械や資材で家が手狭になってきたりと、不便を感じるようにもなりました。
なにより、自宅にこもって製作していても今後の展開が全く想像できなくて
「このまま一人でここで続けていて、何かが変わるのだろうか?」と不安に感じることが増えてきました。

どこかいい場所ないかな・・・。
半年ほどネットで調べたり、近所の不動産屋さんに行ってみました。
そしてみつけたのが「BIO ももの花プラザ」のレンタルスペースでした。
「事務所の一角のブースだから、音が出る靴の製作活動は難しいよな~」と半ば諦めてました。
しかしダメ元で見学の予約をし、ももの花プラザの代表である藤井さんとお話をさせてもらいました。
パンプスの製作販売という活動に理解と共感をしてくださり、意外にもあっという間に入居手続きとなりました。

ここは、アクセス・駐車場など物理的な点だけでなく、
○ももの花プラザが「母親の就職・起業・スキルアップ支援」事業の拠点で、前向きな空間。 
 ⇒出入りしている人も前向きだろうから、私もその空気やパワーを感じながらすごせそう。
○ももの花プラザの利用者にも、通りすがりにパンプス工房の存在を知ってもらえる?
・・・など、私にとっても申し分ない条件の物件です。

最初の面談で、藤井さんには「できるか/できないかではなく、やるか/やらないか」と背中を押されました。一歩踏み出したい自分に向かって言って下さると、とても励みになる言葉です。

そして「何かを望むなら、動いてみる」・・・経験上、これは間違く大切なことです。
ママブラスを立ち上げたときもそうだし、今回のことでも改めて思いました。
はじめの一歩踏み出しました。








プロフィール

Author:シューズスタジオ ストーリー | Shoes Studio STORY
足を採寸してパンプスをオーダーしてみませんか?
自分でパンプスを作ってみるワークショップ(教室)もあります。

所在地:
岡山市北区東古松485-5 ブックオフ東古松店2F

*SHOES STUDIO STORY HPはこちら*

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム