date :2016年12月

ベビーブーツを作りたかった理由

firenze

先日納品したベビーブーツソックス。
ずっと心残りだった思い出があったから作りました。

11年前、息子が8か月の頃にイタリアに行きました。
イタリアで生まれた孫に会いに行く義両親のお供でした。

借り物のベビーカーに靴下を履いた息子を乗せている街を歩いていると
「靴がなくて、赤ちゃん大丈夫?」と声をかけられるんです。
その頃の私には、まだハイハイの息子に靴を履かせるなんて意識が全くありませんでした。
「え?歩かないのに履かなきゃダメなの?!」と恥ずかしくなったのを覚えています。
ごめんよ、息子よ。

今では、抱っこやベビーカーから寒そうな赤ちゃんの足が見えると「なんか履かせてあげたい!」と
おせっかいおばさんな気持ちがわいてきます。

「あかちゃんのかわいい足をあたためたい・・・」と想いながら作りました。
そんなベビーブーツソックス、ぜひRAG STOREさんでお手に取ってみてください。








「べっぴんさん」から近況伺い

NHKの朝ドラ「べっぴんさん」をほぼ毎朝みてます。

ドラマが始まって間もなく、靴職人の麻田さん(市村正親さん演)が登場します。
主人公の少女すみれがこっそり隠れて、麻田さんの靴作りをみているというシーンです。

数人の友達が、この靴作りシーンをみて連絡をくれました。
「朝ドラの麻田さんみたら、元気かな~・どうしてるかなーと聞きたくなって」とか
「靴作りって素敵だねー。あんなことやってんのー?」とか。
靴作りで私を思い出してくれること・それを知らせてくれることが、嬉しかったです。

何かを見たり聞いたりして、長らく会ってない友達を思い出すことはよくあります。
そのときサラッと「元気?どうしてる?」と連絡できる粋な感じ、見習いたいです。

べっぴんさんは物作りをする私に響く言葉がたくさん散りばめられたドラマです。
最後まで見届けたいと思ってます。





冬アイテム納品しました

12月・・・あっという間に今年も残り1か月。
何かと慌ただしいけれど、12月の街の様子は好きです。

さて本日RAG STOREさんに納品してきました。
ずっと作ろうと思っていたベビーブーツソックス(フットカバー)と、定番のバレッタです。






ぜひRAG STOREさんにお立ち寄りください。
店内は12月らしい温かな冬の雰囲気で素敵です。

なぜずっとブーツソックスを作りたかったのか?その理由はまた今度。







プロフィール

Author:シューズスタジオ ストーリー | Shoes Studio STORY
足を採寸してパンプスをオーダーしてみませんか?
自分でパンプスを作ってみるワークショップ(教室)もあります。

所在地:
岡山市北区東古松485-5 ブックオフ東古松店2F

*SHOES STUDIO STORY HPはこちら*

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム