date :2017年02月

測るために作る靴

new model

特注の靴型が届きました。今回は21.5cmほか大き目小さめの3サイズ。
お客様にどのサイズの靴型をつかうべきか?を測るためだけに靴を作ります。
サイズ確認のためのテストシューズですね。

この靴型にはいろんな工夫が施されています。
特に「踵がパカパカして 足が前に滑って爪先が痛む~」といった前滑りが生じにくいように、
ヒールシート(靴のなかで踵がのる箇所)の大きさや角度が工夫されています。
また靴は、チェックしたい箇所がしっかり見える様に工夫したデザインとなってます。

同じ靴型のサイズ違いで同じデザインの靴を作るのは、作り手としてもとてもいい勉強になるんです。
頑張って作っていきます!








動けば次の現実

今週、初めて取材をうけました。

ライターさんは素晴らしい「聴く力」をお持ちで、お話する中で自分の奥底にあったものを発掘してもらえた感じです。
靴作りのこと・日頃思っていることなどいろいろとお話させていただきました。
人にあってお話することは大事だと思います。話している中で学ぶことがたくさんあります。

今はまだうまく話せなくても、少しずつ伝えられるようになっていきたいです。
今日受けたセミナーの中で講師の方が言ってました。
話している人は 見た目が58%・話し方や声が35%・内容が7%だそうです。
ふむふむ。

今回の取材のきっかけは、起業女子のパネリストをさせていただいたことです。
「動けば次の現実」
この頃はこの言葉が よく頭をよぎります。
パネリストを引き受けたから出会えた人がたくさんいて、この取材という現実があります。
だから近頃はいろんなお誘いを断らないようにしています。
何が次の現実につながるかわかりません。
頑張っている方々の姿を見習いたくて、人と出会いにいってます。





冬ですね

amaou

毎日寒いですね。
この冬は私も家族も体調壊さずに過ごせていたのですが、とうとう息子がインフルエンザにかかりました。
さらに学級閉鎖で親子でひきこもりです。

そんな折に実家の母からあまおうが届きました。
福岡には美味しいものがたくさん!いちごは今が旬。
ビタミン補給してインフルエンザもやっつけてしまおう。
健康第一です。





東京へ修学旅行

station


またまた東京に靴と足の勉強に行ってきました。
今回は上京するまで緊張などで悶々とした日々を過ごしてました。
でも案ずるより産むが易し!動いてみるが易し!
たっくさん学んで、フルチャージで帰ってきました。

なんだか心が軽くなってちょっと観光気分で、今回は写真を撮る「心の余裕」がありました。
昔は通勤経路だった東京駅も、こうやってみるとやたら美しいです。

今回学んだことは絶対に今後の私の力になる!そう確信してます。


skytree

下町のホテルからみる早朝のスカイツリー






プロフィール

Author:シューズスタジオ ストーリー | Shoes Studio STORY
足を採寸してパンプスをオーダーしてみませんか?
自分でパンプスを作ってみるワークショップ(教室)もあります。

所在地:
岡山市北区東古松485-5 ブックオフ東古松店2F

*SHOES STUDIO STORY HPはこちら*

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム