date :2017年06月

シューズクローゼット拝見





先日、お客様からご相談いただきご自宅のシューズクローゼットを拝見しました。

わたしの家の靴箱は人様に見せられるか?!自信ないです。。。
そんな我が家とは大違いの立派なシューズクローゼット。
(画像は写真素材サイトのものです。お客様のご自宅内の写真の公開は決して致しません。)

パンプスを履かなければいけない予定があるけれど、痛くて履けないとのこと。
持っているパンプスを見てほしいとのことでお伺いしました。
足への意識がとても高く、職場だけでなく自宅でもオーダーインソール入れて靴やスリッパを履いていらっしゃいました。
それでも足がとても疲れるとのことでした。

道路に出てパンプスで少し歩いていただくと、かなりのペタペタ歩き。かわいいペンギンのようです。
パンプスの踵が抜けないようにするために余計な力が入り、足指も使えていないご様子。
疲れると思います。

特に外反母趾などではないのですが、足への締め付けが嫌いとのことでどれも幅が広めの靴をお選びになっていました。
ご自分の足と比べて幅広すぎるパンプスは踵が抜けがちです。

女子のみなさん、踵カパカパせずに歩けていますか??
幅広すぎる靴は様々なトラブルの原因となることがあります。
そんなお話とパンプスの選ぶポイントをお話して帰りました。

今回はお持ちの靴を見てアドバイスのお約束でしたが、お手持ちの靴をもっと履きやすくするためのひと工夫を施せたらいいな・・・と思いました。今後の課題です。





革との出会いを求めて

kawa1

姫路へ。
私の中では姫路は革の町。
浅草の革屋さんで「岡山の人なら姫路も行ってみるといいよ」とアドバイスもらっていたこともあり、まずは毎月第1日曜日に開催している革の市に行ってみました。

わかったことは「ほしい革の狙いをさだめて、タンナー(革加工業者)さんを訪問する方がいい」ということ。
実は姫路革探検は2度目で、数年前に飛び込みでタンナーさんをお伺いしたことがありました。
いろいろ教えてもらいながら、加工の様子を見せてもらい、すごくおもしろい勉強でした。
もっと姫路革情報を収集しよう。

革市では短い滞在時間ながらも嬉しい出来事が。
昨年の1日ワークショップ@姫路で一緒に靴を作ったKさんと、革市で約1年ぶりにばったり再会!
お互い今も革モノを作ってるということが嬉しい。

今回の姫路は家族と一緒にドライブでした。
日本の世界遺産制覇をめざす旦那は、子供たちを連れて姫路城へ。
私は姫路城前で皆を見送った後、レンタサイクルにのって革の産地へ。
姫路城きれいだったなー(入城してないけど)。
また姫路に行こう。


himeji.jpg
姫路城

姫路城お濠端の猫
himejineko.jpg







6月のカレンダー



青い花が好きです。
あじさいが好きで、母の日も子ども達からあじさいの鉢植えをもらいました。

<お知らせ>
6月は定休の日曜日のほか、6日(火)・9日(土)・16日(土)・24日(土)・27日(火)にお休みさせていただきます。

今月に入り、引越作業進行中です。
細々したものはもう運び出し、あとは私の宝物・大物機械の引越を残すのみです。
新しい場所の環境が整うまでは、電話・メールでの対応とさせたいただきます。
お客様をお迎えする準備が整いましたら、改めてご報告いたします。
しばらくお待ちくださませ。

小さな小さな私の巣。どうやったら居心地がよくなるのか、あれこれ考え中です。

*****************
移転先
岡山県岡山市北区東古松485-4、ブックオフ東古松店の2階
*****************

新しく置かれた場所で咲けるよう頑張りますので、今後ともよろしくお願いします。
シューズスタジオ ストーリー




プロフィール

Author:シューズスタジオ ストーリー | Shoes Studio STORY
足を採寸してパンプスをオーダーしてみませんか?
自分でパンプスを作ってみるワークショップ(教室)もあります。

所在地:
岡山市北区東古松485-5 ブックオフ東古松店2F

*SHOES STUDIO STORY HPはこちら*

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム