date :2018年02月

正しく立てますか?




【あなたの体重 どこにかかってますか?】
イオン岡山 未来屋書店さんのイベントにいってきました。
パーソナルボディデザインスタジオ i-fitさんによる
「立ち方の重心チェックーナー」と、「美脚のコツをテーマとしたトークショー」でした。

面白い。

正しい立ち方を親や学校から教わりましたか?
私は習らったことがなく、それでも数十年間毎日立っています。
そんな私の立ち方・重心の位置を見てもらって、正しく立つ為のポイントをアドバイスしてもらいました。

内くるぶしから垂直に下した位置の足裏中心に、重心をおく

足重心

パンプスを履くとき、カラダの重心位置を意識することはとても大事です。
裸足で足指側に1/3、踵側に2/3で体重が乗るのが理想だと言われています。
また、裸足の時と比べ、足の前部(爪先側)にかかる体重は4cmヒールで約1.3倍、6cmヒールでは約1.7倍になるとの実験結果があります。
裸足で前重心の人はパンプスを履くともっと重心が前に乗ります。
足指の付け根あたりが痛むのも当然ですね。
しっかり踵側に重心をおきましょう。

イベントは大盛況で順番待ちの列が続いてました。
正しく立ってのるか?と、自信がない人が多い証拠ですね。
「立つ」という日々の基本動作だからこそ、意識することで体が楽にできそうです。

*************
シューズスタジオストーリーは、パンプスをもっと心地よく履いていただくためのお手伝いをします。
○オーダーメイドパンプス
○パンプスの履き心地調整(ヒールやパットの調整)
○自分で作るMYパンプス教室

お気軽にご連絡ください。
info@story92.work






仮靴の検証



靴に包丁を突き刺す!
自分で作った靴を切り裂くのは、心がチクっとします。
しかしこれもより良い靴につながる1歩!
踵と足裏と履き口のカーブを切って、チェックします。
どれもパンプス選びの重要ポイントです。
再度試着してもらったら、木型修正。
その木型をもとに、新たに靴を作ります。









仮靴を履いていただく

IMG-0709 (3)

試着用の仮靴が仕上がりました。
試着をお願いし、足の採寸数値だけでは不十分な箇所を確認します。
その確認をもとに再び木型を修正して、納品用の靴を新たに作ります。

パンプスは足を覆う面積が少なくて、ストライクゾーンが小さい履物。
足にあうものをみつけるのも、作るのも難しい。
難しいからこそ、時間をかけて作りあげます。


楽しい靴教室&靴談議



今月から靴教室でパンプスつくりをはじめるKさんと打合せ。
自分でパンプスを作りたいというくらいだから、なかなかの靴マニア。
パンプスのパッド調整の話で盛り上がりました。

パンプスの履き心地の為にはパッド調整が必要です。
パンプスでのステップダンスで有名なPerfumeもそう言ってます。
その話はまたの機会に。

Kさん、靴を作る過程が楽しみ!とのこと。
私も楽しみです!





プロフィール

Author:シューズスタジオ ストーリー | Shoes Studio STORY
足を採寸してパンプスをオーダーしてみませんか?
自分でパンプスを作ってみるワークショップ(教室)もあります。

所在地:
岡山市北区東古松485-5 ブックオフ東古松店2F

*SHOES STUDIO STORY HPはこちら*

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム