date :2018年05月

東京へ



東京の観光名所 浅草には「靴の町」という別の顔があります。
靴のメーカーや工房・資材問屋がひしめいていて、私の上京に欠かせない場所。

浅草では、資材を買い回り。
新宿では、新宿伊勢丹だけが取り扱っているブランドのパンプスに足入れ。
市ヶ谷で、3D技術を用いたハイヒール作りを見学。
日本橋の工房で、ほぼ1日中パンプスや木型を作ったり オーダーに立ち会うことで、自分の現状を確認。
・・・と都心を転々としながら、靴三昧の時間を過ごしました。

靴の資材や知識技術を得ただけでなく、今回は大きな勇気ももらって帰りました。
東京で靴作りを始めた私にとって、東京は靴作りが大好きな自分を再確認できる場所です。

【双子のカリメロ 】 パンプスの内側①





パンプスのつま先には「先芯」というパーツが入っています。
靴のつま先の形状と足を守るための芯材です。
先芯は半円に近い形をしたシートで、シンナーに浸して柔らかくして靴のつま先に貼りつけます。
続いて、貼り付けたシートをポンポン(トンカチ)でつま先の形になじませていきます。
その後シンナーが抜けて先芯が硬くなるまで乾燥させます。
写真は乾燥待ちの時間に撮ったもの。

「ふふっ、カリメロみたい💕」と、先芯の工程では少しほっこりします。

ほっこりの後、乾燥した先芯=カリメロの頭をゴリゴリと手加減なしにヤスリで擦って滑らかに整えます。
靴のつま先に先芯の凸凹が響かなくするのが目的。

あなたのつま先にも、きっとカリメロがいますよ^_^


プロフィール

Author:シューズスタジオ ストーリー | Shoes Studio STORY
足を採寸してパンプスをオーダーしてみませんか?
自分でパンプスを作ってみるワークショップ(教室)もあります。

所在地:
岡山市北区東古松485-5 ブックオフ東古松店2F

*SHOES STUDIO STORY HPはこちら*

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム